MICHIのおいしいナチュラルライフ

食で体質改善し、野菜ソムリエを10年してきたMICHIが、おいしいもの・ナチュラルなものを紹介するブログ

【宮古島の海水が原料の塩 パウダースノーのような”雪塩”がおすすめ 】

f:id:michi_natural:20200413211551j:plain
こんにちは、MICHIです。

みなさんは、どんな塩を選んでいますか?


私は、





”しょっぱい”のが、大の苦手です。



舌でダイレクトに感じてしまうので

人よりもかなり敏感すぎるのかもしれません。


そんな私がお気に入りの塩は

宮古島の”雪塩”です。

雪塩

1.甘みを感じるまろやかな味が特徴

宮古島は、サンゴ礁が隆起してできたそうです。

ゆっくりと時間をかけて、サンゴ石灰石を浸透ろかしてできた海水を濃縮し、

パウダー状にしています。

だから、他の場所とはちがった味になるのですね。



2.パウダースノー状なので、空気を含んでいる

f:id:michi_natural:20200413212533j:plain

一般的な塩のような粒がありません。

サラサラしています。

大さじ一杯すり切りで、

雪塩が 5g

一般的な食塩が 17g

3倍以上の空気が含まれています。

大さじではかるのではなく、はかりを使用した方がいいかと思います。

3.ミネラルだっぷり

100gあたりの栄養成分で見ると、

・マグネシウム 2810mg
・カリウム   859mg
・カルシウム  625mg
・鉄      1.61mg
・マンガン   0.273mg
・亜鉛     0.185mg

となっています。


伯方の塩(粗塩) | 商品案内 | 伯方の塩® | 伯方塩業株式会社

スーパーなどで手に入る、一般的な塩

伯方の塩と比べると、わかりますね。

マグネシウム 100~200mg
カルシウム 50~200mg
カリウム   10~150mg

4.天ぷらや揚げ物のつけ塩にぴったり

外食などで、天ぷらが出てきたときに、
抹茶と塩が添えてあります。

でも、こちらかなりしょっぱいなと思います。

メインの天ぷらの味より、塩気を強く感じてしまうのです。

こういうときに、”雪塩”だと穏やかさがあるので

具材になじんで、塩味が主張しすぎないのでおすすめです。


まとめ

【宮古島の海水が原料の塩 パウダースノーのような”雪塩”がおすすめ 】は、いかがでしたか?

甘みを感じるまろやかさなので、料理はもちろん、お菓子作りにも使えますよ。

パウダー状なので、すぐに混ざりやすいのもいいですね。

テーブルタイプは、片手で使えるので便利です!

「雪塩ちんすこう」は、”雪塩”が「ちんすこう」をひき立てます。