MICHIのおいしいナチュラルライフ

食で体質改善し、野菜ソムリエを10年してきたMICHIが、おいしいもの・ナチュラルなものを紹介するブログ

【「みかん」の産地と栄養・おいしい選び方と箱買いの扱いかたについて】

f:id:michi_natural:20200121095320j:plain
こんにちは。MICHIです。

みかんと聞いてどんなイメージがありますか?

冬は、こたつでみかん!のイメージがあるかもしれません。

電車の中で、たまたま乗り合わせたおばあちゃんから
みかんをもらうなんてことは
昔はありました。
みかんでコミュニケーションが取れる
そんな時代でした。

みかんはコタツに入りながら食べられるし
外出先でも手軽に食べられる
とてもなじみのある果物ですよね。

今回は、みかんについてです。

1.みかんの産地

みかんの産地は、
和歌山・静岡・愛媛をはじめとして
高知や長崎など温暖な地域で栽培されています。

通常みかんと呼ばれるものは
温州(うんしゅう)みかんというものです。

2.みかんの栄養

みかんを食べすぎると肌が黄色くなったことはないですか?
これは、みかんに含まれるカロテンのためです。
カロテンは皮膚や粘膜を強くします。

リモネンと呼ばれる、苦味成分がガン予防になります。
それから、ビタミンCが多いので、風邪予防にいいですね。

白い薄皮やスジの部分にはビタミンPという成分が
血圧上昇や血管の老化を防ぐ作用があります。
f:id:michi_natural:20200121095944j:plain
ついとってしまいがちなスジですが
気になるところ以外は皮ごと食べた方が
栄養を摂れますよ。

3.みかんと魚の関係

みかんの産地は、海沿いの魚が獲れる地域でもあります。
魚をたくさん食べると、魚の脂が体の中に残ってしまうのですが
それをみかんが分解してくれる役割を持っています。
この場合は、甘いみかんよりも酸味の強いみかんの方が
より効果的です。
みかんの表面もより緑色に近いものになりますね。

魚にはよく大根おろしが添えてありますが
同時に食べることで中和します。

魚料理を食べた後のデザートには
みかんを食べるのがおすすめです。

4.箱買いの扱いかた

f:id:michi_natural:20200121095921j:plain
贈答用に送られてくる場合もあるでしょうし
家族が多いときは箱買いするかもしれません。

箱を開けたら、いったん「みかん」を箱から出して、
傷んでいるものを取りのぞきます。

下の方に入っている「みかん」から
食べていく方がおいしく食べられます。

5.MICHI流「みかん」のおいしい選び方

「みかん」はネットだと、S、M、Lなどサイズに分かれてますが
私の場合、小さめのSサイズが糖度が高めだと感じます。

お店によっては、
試食があったり、糖度が書いてある場合もありますよ。

www.michinatural.com
糖度についてはこちらの記事をご覧ください。

同じネットに入っていても、甘さが一つ一つ違うと
思う時もあります。

皮がふかふかしているものより
中身とピッタリ皮がおおわれている
と甘いです。

まとめ

「みかん」についてみてきましたが、いかがでしたか?

「みかん」のおいしい時期も後わずかとなりました。

「みかん」の時期が過ぎると、
「デコポン」や「清見オレンジ」などの柑橘類のシーズンになります。

柑橘類好きにはMICHIは、とても楽しみです。

ジューサーで、フレッシュみかんジュースを作った記事はこちら
www.michinatural.com

市販のジュースなら一年中楽しめますね。