MICHIのおいしいナチュラルライフ

食で体質改善し、野菜ソムリエを10年してきたMICHIが、おいしいもの・ナチュラルなものを紹介するブログ

【秋冬野菜de食育 なぜブロッコリーが紫色になるの?いつもよりおいしく食べられるブロッコリーのおすすめゆでかた】

f:id:michi_natural:20200113184304j:plain
こんにちは、MICHIです。

とつぜんですが
ブロッコリーが好きですか?


私は好きで、よく食べています。


自分は好きなんだけど、家族が食べてくれない。
苦手でいつも残してしまう。

そんな方にもぴったり、おすすめな紫色ブロッコリーをご紹介します。

1.なぜブロッコリーが紫色になるの?

1.1ブロッコリーの色の変化

ブロッコリーは一般的には緑色ですが、寒さにあたることでアントシアニンを発生させます。
このアントシアニンが紫色に変えるのです。
野菜にとって寒さというのは、一種のストレス状態なのです。

※ゆでると、ブロッコリーの色が紫から緑色になってしまいます。

1.2ブロッコリーの味の変化

ブロッコリーが紫色に変わると、味は変わらない?不味くなる?おいしくなる?
どうなると思いますか?

寒さにあたったことで、甘みが増すので甘くなるんですよ。
甘い方が、おいしいですよね。

1.3.紫色のブロッコリーは甘くておいしい

1.2から、紫色のブロッコリーは甘いということがわかったと思います。

食べ物には、辛みや苦味、甘味など味覚があります。
特に小さい子どもの場合は、苦味などは舌が毒に感じてしまうことがあります。
だから、フキノトウなど苦味のある山菜やピーマンなども子どもが好きになれないのです。
こういうものは大人になってから味覚が変化して、食べられることが多いのであまり心配ありません。

ですので、甘い野菜は子供が一番食べやすく、受け入れやすいのです。

では、どうやって食べるのが一番いいかというお話を2でします。

2. いつもよりおいしく食べられるブロッコリー

f:id:michi_natural:20200113214923j:plain

2.1.ブロッコリーは、まずゆでるところから

一般的には、ゆでて食べるのが基本かと思います。
ゆで方にはいくつかのポイントがあります。

2.2.ブロッコリーは新鮮なうちにゆでるのがポイント

ブロッコリーをそのまま常温や冷蔵庫に入れておくと、
しだいに黄色になってしまいます。

栄養価も落ちてしまうので、買ってきたらすぐゆでましょう。

2.3.ブロッコリーをゆでる前に切っておくのがポイント

ゆでるには、まず茎とつぼみの部分に分けて、
ていねいにひと房ずつ切るときれいになります。
この時、茎は捨てないでください。とっても甘味があるのでもったいないです。

茎は、皮をむいてから、薄くスライスすると火が通りやすいですよ。

2.4.沸騰したお湯に、茎→つぼみの順に入れ、サッとゆでるのがポイント

火の通りにくい、茎を先に入れてから、つぼみを入れると同じ頃にゆであがります。
時間は2、3分が目安です。ちょっとかたいかも?と思うくらいで、ざるにあけます。

2.5ゆであがったら、水にさらさないのがポイント

ゆであがったら、水をかけてしまうと、おいしくありません。
自然にざるにあけたら、冷ますことで、ちょうど良いかたさになります。

3.ブロッコリーのおすすめ食べ方

まずは、ゆでたブロッコリーを何もつけないで食べてみてください。

以前、親子食育の講座で小学生の女の子に
そのままゆでただけのブロッコリーを食べてもらいました。

そばで見ていたお母さんが、

「いつもならドレッシングがないと食べられないのに!」

「何もつけなくてもおいしかったよ」
とお子さんに言われて、驚かれたことがあったんです。

それから他の食べ方としては、今の時期は、シチューやグラタンにブロッコリーはいかがですか?
ホワイトソースに、ブロッコリーが入ると彩りよく、料理の見た目がいいですね。

4.まとめ

野菜のおいしさを知るには、生で丸かじりというのもあります。
ブロッコリーなら、ゆでてからということになります。

旬の時期に食べることで、おいしさが格別にアップしますよ。

紫色のブロッコリーを見かけたら、ぜひ試してみてくださいね。

育てるのもいいですね