MICHIのおいしいナチュラルライフ

食で体質改善し、野菜ソムリエを10年してきたMICHIが、おいしいもの・ナチュラルなものを紹介するブログ

【秋冬野菜 大根で胃腸を整える・かゆみにも! カンタン調理とおすすめ食べ方】

f:id:michi_natural:20200106121625j:plain

こんにちは、MICHIです。

寒くなってきて大根がおいしい季節になりましたね。

大根は一年中でまわっていますが、一番この時期のものが
みずみずしくて甘みがあります。

たくさんいただいて食べ方に困っている方もいるかもしれません。

今回は大根を使って症状を和らげるお話とカンタン調理とおすすめ食べ方を紹介します。

1.大根で症状を和らげるお話

1.1胃腸

私は胃腸が弱かったこともあり、食欲不振の時に
大根おろしで胃腸の働きを良くなるのを実感しました。

これは、消化酵素によるものですが、熱に弱いので生で大根おろしにして食べるのが一番です。

1.2 かゆみ

家族が肌が弱くてかゆがるので玄米菜食の先生に相談したところ

かゆみの原因は、

過剰なタンパク質

ということでした。

そのため、大根をよく食べられるような料理はなんだろう?と考えたら、

おでん

がいいのでは?ということでたくさん食べてました。

2.大根の手に入れ方

冬になると、スーパーに行けば豊富に置いてありますし
いただくこともあるかもしれません。

なので、あまり手に入らなくて困ることはないかと思います。

おいしいのは
ずっしりと重くて、しっかりしているものです。

ひげ根が多いと、スジばかりでガリガリしているものもあります。

実際切ってみないと”す”が入っているかどうかわからないですが
見た目がきれいなものを選んでくださいね。

なかなかおいしい野菜が手に入らない時、私は通販で購入しています。

大地を守る会の野菜がしっかりしていると思います。
大地宅配の旬野菜の詰め合わせお試し野菜セット送料無料で1,980円から

オイシックスから購入もできます。

3.カンタン調理と食べ方

3.1生で食べる 大根おろし

f:id:michi_natural:20200106121848j:plain
大根の首の方(葉のついている方)が甘く、スッと細い方にいくに従って、辛くなります。
夏大根だと全体的に辛めですが、甘い部分の方がみずみずしくていいと思います。
辛いからくすりになるという考えもあるかもしれませんが
舌があんまりビリビリするのはちょっとイヤですよね。

しらすや干し海老とともに。
焼き魚とともに。

意外と何にでも合いますよ。

あと、おろした大根は時間をおくと味が変わってしまうので、食べる直前におろしてください。

3.2生で食べる 千切りサラダ

f:id:michi_natural:20200106122224j:plain

千切りにして、少し塩をまぶして、水気が出てしんなりしたら
軽く水気を切ってから
マヨネーズと醤油
オリーブオイルとレモン醤油

などで味付け。

ホタテやカニの缶詰などがあれば、一緒に混ぜるのもおすすめです。

3.3焼く 大根ステーキ

1cm程度の輪切りにして、両面を焼きます。

フライパンでも
グリルでも
ホットプレートでも
OKです。

醤油をかけて食べます。

3.4煮る おでん、煮物、味噌汁

f:id:michi_natural:20200105161130j:plain
コトコト時間をかけて煮ることで、甘く柔らかい大根がたくさん食べられます。

普段の味噌汁の具には
いちょう切りや千切りにして
煮ます。

3.5炒める

千切りにしてから
ごま油などで
サッと炒めるとシャキシャキ感を味わえます。

油揚げと一緒に、炒め煮にするのもいいですね。

4.まとめ

大根ってすごい野菜だなと改めて思いました。

のどの調子をよくする「大根はちみつ」の記事はこちら
www.michinatural.com

ぜひ、不調でお悩みの方だけでなく、健康を維持するためにも
大根を毎日の食事に取り入れてみてほしいと思います。