MICHIのおいしいナチュラルライフ

食で体質改善し、野菜ソムリエを10年してきたMICHIが、おいしいもの・ナチュラルなものを紹介するブログ

【冬においしい大根の乾物 宮城・丸森「へそ大根」のかんたん煮物レシピ】

f:id:michi_natural:20200111103501j:plain
こんにちは、MICHIです。

これはなんでしょう?
みたことがありますか?

もしかすると、ちょうどテレビで放送されていたので
ご覧になった方がいらっしゃるかもしれません。

これは、「へそ大根」と呼ばれる大根の乾物で
主に、宮城県の丸森町で作られています。

初秋に収穫した大根を輪切りにして、茹でて真ん中に刺します。
f:id:michi_natural:20200111195840j:plain
※2020/1/11放送 満天☆青空レストラン より

軒先などで乾燥させると、こんな形になります。

大体、12月から1月にかけてこの作業を行います。
2月頃には、乾燥するようです。

切り干し大根は細いのですぐ乾燥しますが
輪切りなので、日数がかかりますね。

穴の開いたところが、「へそ」のように見えるところから
名付けられました。

食べてみたいけど、どうやって食べたらいいの?という方のために
かんたんな煮物レシピをご紹介します。

へそ大根の煮物レシピ

1.「へそ大根」をひたひたの水で一晩戻します。

f:id:michi_natural:20200111104406j:plain
一晩戻すとこんなふうに、ふんわりとした感じになります。

冬の時期だと、水が冷たいので、長めにおいた方がいいでしょう。
一人2個くらいとして、二人分だと4個、四人分なら8個。

2.鍋に、にんじんの乱切りしたもの、さつま揚げ、1の煮汁ごと入れて中火にかけます。

 火が通ったら、醤油などを加え、再び弱火でコトコト煮ます。
 
※乾物を戻したあとは、一般的な煮物を作る時と、変わりません。

大根の戻し汁は、甘味があるので、ダシとしてそのまま使いましたが
甘さが気になる場合は、一般的なダシにしてかまいません。

3.火を止めて、出来上がり。

 f:id:michi_natural:20200111105637j:plain
 そのまま出来立てアツアツをいただきます。
 煮物は出来立てよりも、冷めてからの方が味が染み込みます。
 

4.感想

一晩戻すというと手間がかかりそうに思えますが
実際は、前日に水を加えてそのままおいておけばいいですから、カンタンなんです。

乾物なので、カタいんじゃない?ってイメージがありますが
とろけるような、柔らかな食感です。
甘味も栄養もギュッと濃縮されているので
生の大根を茹でたものとは味が違います。

「道の駅やしまや」から購入したものですが
丸森町近郊の産直販売のお店でも手に入ります。
f:id:michi_natural:20200119195614j:plain

ネットでは、「蔵王町のへそ大根」になりますが、販売しています。

蔵王へそ大根(乾燥野菜)50g / 国産 無農薬 無添加 無着色