MICHIのおいしいナチュラルライフ

食で体質改善し、野菜ソムリエを10年してきたMICHIが、おいしいもの・ナチュラルなものを紹介するブログ

【秋冬野菜 胃にやさしい「かぶ」おいしい! おすすめなかんたん調理法とあたたかい食べ方】

f:id:michi_natural:20200118094610j:plain
こんにちは、MICHIです。

胃腸が弱っているときに浮かんでくるのは
消化にいいもの。

大根おろし?

寒いときは
あたたかいものがいいな

と思います。

そんなとき、おすすめなのが

「かぶ」

なんです。

今日は「かぶ」について

1.「かぶ」の栄養

1.1.「かぶ」が胃にやさしいのはなぜ?

「かぶ」には、消化酵素のジアスターゼが含まれているからなんです。
これは、白い実の部分ですね。

1.2.「かぶ」の葉は、緑黄色野菜

「かぶ」は、たいてい葉つきになっているのですが
葉の部分もおいしく食べることができます。

こちらは、他の緑黄色野菜と同じように
ビタミン、カルシウム、カロテンが多く含まれているんです。

2.「かぶ」のおすすめかんたん調理法と食べ方

f:id:michi_natural:20200118100653j:plain

まず、「かぶ」は、葉の部分と実の部分に分けておきます。

そのままの状態だと
葉の方に栄養がいってしまい
実の水分もなくなっていきます。

2.1.「かぶ」を切ってゆでるだけ

f:id:michi_natural:20200118205119j:plain
皮をむかずにクシ型に切って
沸騰したお湯に入れて、サッっとゆでます。

まず、これだけで甘みが出ます。
何もつけなくてもいいです。
f:id:michi_natural:20200118205141j:plain
しかもとってもやわらかい。

お腹が弱っているときには
それだけで、体にやさしくていいんです。

2.2.みそ汁は、「かぶ」の葉と実で作れる

f:id:michi_natural:20200118134100j:plain
みそ汁の具は、少なくとも2種類入れたほうが
見た目も栄養を考えてもいいと思います。

かぶの場合は、1つの野菜で、葉も実も利用できるのがいいですね。

実の白色と、葉の緑色がキレイですよ。

このときも白い実の方は、皮をむかなくてOKです。
皮がカタイもの、茶色や黒ずんでいる場合はむいたほうがいいですね。

「みそ」には、整腸作用もあるので
みそ汁にするのがおすすめなんです。

もちろん、他の野菜や油揚げとの相性もバッチリなので
組み合わせてみてください。

2.3.「かぶ」をさいの目(サイコロ状)に切って、洋風スープ

「かぶ」や人参や玉ねぎ、カボチャなどをサイコロ状に細かく切ります。
煮て、スープにします。

固形スープなどはなくても、野菜からダシが出ますよ。
味を整えるのに、最後に塩を少し入れて仕上げます。

3.まとめ

「かぶ」のことについてみてきましたが、いかがでしたか?

ほんのり甘みのある、やさしい「かぶ」で
体調を整えてくださいね。