MICHIのおいしいナチュラルライフ

食で体質改善し、野菜ソムリエを10年してきたMICHIが、おいしいもの・ナチュラルなものを紹介するブログ

【直火はもちろんオーブン、電子レンジ、食洗機使用OKな調理皿はコツがわかればとっても便利 そのまま料理を出せる フライパンよりおいしい】

f:id:michi_natural:20200226140048j:plain
こんにちは、MICHIです。

実家で引き出物にいただいた
和モダンな直火にかけられる大皿

こういうのは慣れないと
面倒くさいものなんですよね。

料理好きな私も
なかなか使う出番もないと
しまい込んでいました。

使ってみてのコツをお伝えします。

1.予熱してから、焼き始める

f:id:michi_natural:20200226141733j:plain

今回レンコンを焼きました。
www.michinatural.com


予熱なしに焼き始めたら
裏面にひっくり返そうとすると
ぴったりはりついてしまいます。

フライ返しなどを具と皿の間にそっとはさむような感じにすると
やりやすいです。

2.中火でこんがり焼き色をつける

f:id:michi_natural:20200226141118j:plain

火加減は中火にします。

だんだん炭火焼のようなにおいがして
焼き色がついたら、すぐに裏面にして焼きます。

3.早めに火を消して、余熱で調理

火を消しても、余熱でそのままにしていると
こげついてしまいます。

火から下ろして、テーブルに移動させます。
熱いのでミトンやフキンが必要ですね。

感想

f:id:michi_natural:20200226142815j:plain

同じレンコンをフライパンでも調理したのですが
直火OKな調理皿の方が、炭火焼のような香りで
香ばしく、焼き色もしっかり付いて
おいしいと思いました。

皿に具がこびり付いても、水やお湯をはって
置いておくと、きれいに取れます。

完全に乾かしてからしまえば
他に手入れも手間もかからないです。

※底が濡れたまま火にかけるとひび割れの原因になるので、水気をよく拭き取ってから火にかけてください。

調理後、熱いうちに皿を急激に冷やさないのもポイントです。

もちろん空焚きはしないでください。

まとめ

「直火OKな調理皿はコツがわかればとっても便利 そのまま料理を出せる フライパンよりおいしい」はいかがでしたか?

使い慣れないと面倒かな?と思ってしまいがちですが
使い始めると、思った以上に活躍してくれます。

今回調理した皿は、26cmの正方形です。

おしゃれなプレートで、人が集まる時にもそのままだせて
いいですよ。